大分県立病院の看護職ユニフォームが一新

看護服

大分県立病院の看護職のユニフォームが11月1日から一新されます。
男性はブルーのイメージ、女性はピンクのイメージのユニフォームです。

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/10/24/JD0056272465

溌剌としたイメージを感じさせてくれて、華やかな印象ですね。
病院が明るくなるようなユニフォームだと思います。

昔は看護師の服といえば「白衣の天使」という言葉もあるように、白色が基本でした。
それか、淡いピンクのイメージですね。

今はスカートも少なくなりましたし、ナースキャップもほとんど見かけません。
看護師は、日常的に患者さんと顔を合わせて交流しますので、いかにも医療然としたユニフォームよりも、もっとカジュアルで明るい感じの方が、患者さんの心を明るくしてくれるようにも思います。

病院の持つ、ちょっと暗いイメージを明るいユニフォームで覆せたらいいですね。

スポンサーリンク

白衣を着る主な職業は?

看護服やお医者さんといえば、白衣というイメージがありますが、ほかにも白衣を着る職業として、薬剤師、保健師、栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士などもいます。

これらは「コート型」と言って、長いコートのようなシルエットが特徴です。
看護師はこういった白衣は着ないですね。

コート型の白衣は、医師に象徴されるように、ある意味権威をイメージさせるものでもあります。

看護師が着るのは、「ケーシー型白衣」と呼ばれるものです。
これはアメリカの医療ドラマ「ベン・ケーシー」に出演したヴィンセント・エドワーズが演じるベン・ケーシー医師の名前に由来して名付けられています。

要は、コート型じゃなくてセパレート型の白衣ですね。一般的な看護師の服装です。
ケーシー型は、歯科医師、歯科衛生士、看護師、助産師、救急救命士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの職業で着られています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

看護専門学校の資料請求について

看護専門学校の資料請求について

看護専門学校の資料請求は、各学校に問い合わせれば送ってくれますが、ネットからでも資料請求できます。お近くに看護学校がある場合は、複数の専門学校を一括で無料資料請求できるので便利です。

看護専門学校を無料で資料請求